営業時間・定休日
営業時間

9:30~18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

0422-40-5211

 
 
住所

〒181-0002

東京都三鷹市牟礼7-1-31

※サービス工場の住所は異なります。店舗のご案内のページをご確認下さい。
リクルート

スタッフブログ

   
2018/04/20  おすすめ情報   広報担当
歴史の長いチェロキー
広報担当
 
ジープ通になる「型式」のお話し。
前回のラングラーに続いて、今回はラングラー同様、歴史の長いチェロキーです。

チェロキーの名前が登場したのは、1974年のこと。
ワゴニアの2ドアモデルの名前として、初めて登場しました。
これが初代チェロキーで、「SJ」と呼ばれています。
ちなみにこのSJですが、グランドワゴニアにも使われていたりするので、SJチェロキーと区別するために言われています。



そして、続いて登場したのが、1984年のXJチェロキーです。
日本でも大人気となったクルマです。
それまでフルサイズSUVだったチェロキーが、ミドルサイズSUVと大きく変わりました。
燃費や環境の問題、ミドルサイズSUVがまだ主流ではない時代に、チェロキーは大きく変化。
このこともあって、このXJチェロキーは大人気。
ボディデザインや装備からアメリカ車らしいクルマとして、
また扱いやすいサイズとして日本でも大人気となったのです。
こうしてみると、チェロキーは常に先鋭あるクルマと言えるでしょう。



そして2001年にはKJチェロキーが登場。
日本ではチェロキーの名前がそのまま引き継がれましたが、本国アメリカではリバティの名前で登場しています。




2008年にはKKチェロキーが登場。
こちらも日本ではチェロキーの名前で、本国アメリカではリバティの名前のままでした。



2014年にはKLチェロキーが登場。
このクルマが現行型です。
このモデルになって、本国アメリカでも再びチェロキーの名前で登場しました。

こうして見ていくと、チェロキーは「SJ」「XJ」「KJ」「KK」「KL」の順番となります。
ボディサイズや装備などを見ていくと、ジープの中で一番変化の大きな車種と言えるでしょう。
それは時代を先取りする表れと言えるますね。

 
2018年04月(5件)
01 02 03 04 05 06 07
08 09 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
ページ上部に戻る