営業時間・定休日
営業時間

9:30~18:30

 
定休日

毎週火曜日(月の最終日および祝祭日が火曜の場合は営業致します。)

 
電話番号

0422-40-5211

 
 
住所

〒181-0002

東京都三鷹市牟礼7-1-31

※サービス工場の住所は異なります。店舗のご案内のページをご確認下さい。
リクルート

スタッフブログ

   
2017/07/31  サービス 
メンテナンス!点火!
 
先日車内で作業をしていたら暑さでやられてしまったメカニックの増田です。
情けない、、、
皆さま、暑い日が続いていますがこまめな水分補給を是非




さて話は変わりますが先日プラグ交換をさせて頂いたのでその話をしたいと思います。

そのお車は前モデルのグランドチェロキー4.7リッターのV8でした

V8エンジンなので基本的には8本のプラグがついております。

ちなみに新旧のプラグがこちら

20170621_220044

拡大すると


20170621_220057
かなりお疲れのプラグで電極が半分ほど減っています

こうなると電極同士の隙間、プラグギャップが広く大きくなり出力低下、燃費悪化、振動増大、最悪エンジン不調となることがあります。


プラグには約30000Vという、とてつもない電圧がかかっています

ここだけの話ですが昔点検中に感電したことがあります
手から足まで電気が抜けたのがわかり、びっくりしてちょっと痛かったです



余談はそこそこにして、先ほど基本的には8本と言いましたが、HEMIエンジンはツインプラグと言われ2本づつ装着されているので8×2で16本もついています

ではなぜツインにするのか、、、






それはですねー燃焼効率を良くする為なんですね
2本を離した位置にし、点火した方が燃え広がりが速くなり効率が上がります
HEMIは高性能エンジンが故にツインなのですがなかには燃費を上げる為にツインなエンジンもあります

交換サイクルとしてはスタンダードプラグであれば3万キロ程度です
勿論使用状況にもよりますが、、、




エンジンの調子を維持する為にも点検にてご案内させて頂くことがございますので、その際は是非この記事を思い出して頂けたらと思います。

こういう1つ1つの小さな部品が調子を左右しますので話は尽きませんが、なにかご不明点がございましたらスタッフまでお気軽に
 
2017年07月(18件)
            01
02 03 04 05 06 07 08
09 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
ページ上部に戻る